知って得する「420」の意味|CBD製品がお得に買えるタイミング!

スポンサーリンク
コラム

あなたは「420」と聞くと何を連想しますか?

この記事では「420」の意味とCBD製品との関係について書いています。この情報を知っていたらCBD製品をお得に購入できるかも知れません。

スポンサーリンク

「420」の意味とは?

420というのは大麻草を意味しています。

かんなちゃん
かんなちゃん

えっ?

そう「えっ」と思いますよね。私もそうでした。アメリカのスラングで「Four-Twenty(フォー・トゥエンティ)」といって、大麻草の消費を連想させる言葉のようです。

詳しい由来は不明で今も論争になっているそうなんですが、

  • アメリカのある学校の学生たちが学校終わりの「4時20分」に集まって大麻を吸っていた
  • いやいや「4時20分」に集まったのは大麻草の畑を探しに行くためだった
  • アメリカの警官の間で大麻事犯を「420」というコードを使い無線で交信していた

などなど諸説があるようです。

かんなちゃん
かんなちゃん

お、おう。

4月20日は「マリファナデー」

そんなわけでアメリカやカナダなどで、4月20日を「マリファナデー」として大麻使用者が大麻を摂取し祝ったり、デモを行ったりする日になっているようです。

かんなちゃん
かんなちゃん

馴染みがないですね…。

多くの人には馴染みがないと思いますが、CBD製品と関係があります。「CBDは大麻草由来の成分」です。

CBDを販売しているメーカーによっては「4月20日限定」など製品をとてもお求めやすくしているところもあります。

もしこの記事をご覧になったタイミングが4月20日に近ければ、絶好のチャンスだと思います。

TwitterでCBDメーカーをフォローしておくとお得な情報が見つけやすくなります。要チェックです!

タイトルとURLをコピーしました