ホリエモンこと堀江貴文氏 グローバルな視点で大麻を語る

スポンサーリンク
CBD関連人物

ホリエモンこと、実業家の堀江貴文氏が自身のYouTubeを更新。日本の大麻取締法についての自身の考えを発信しています。

動画の中で堀江貴文氏は大麻の使用に関して「ヨーロッパのある国とか、アメリカのとある州では完全に合法化されていて、正直そんなに騒ぐことなのか」、「戦後にGHQによって(日本に)初めてもたらされた法律で、その基になったアメリカが全国(全米)レベルで大麻を解禁しようとしてる動きがあるにも関わらず、日本では有名人を捕まえて大麻は駄目だと言っていて、グローバルにみると面白い」と発言しています。

また同氏は著書の「東京改造計画」の中でも大麻の解禁について述べています。

画像参照 https://www.pinterest.jp/

タイトルとURLをコピーしました